今年こそ!ダイビングライセンス取得を目指そう

ダイビングライセンス取得インフォメーション
今からはじめるスキューバーダイビングの基礎知識では、
スキューバーダイビングをはじめたいけど・・・

・スキューバーダイビングのライセンスの種類
・スキューバーダイビングのライセンス取得にかかる費用や日数
・ダイビングをするには、どんな器具が必要なのか?

など、今さら聞けないと思っておられるダイビングについて
まとめています。

当サイトで、知識をつけ是非ダイビングライセンスを取得して
楽しいダイビングライフをお楽しみくださいね!

↓ ダイビングでの気圧の変化による耳の痛みを軽減する「イヤースムーザー」 ↓
【イヤースムーザー N300】気圧の変化等による耳の痛みを軽減します。飛行機、スキューバーダイビング、酸素カプセルなどに。【これこれ倶楽部】【イヤースムーザー N300】気圧の変化...
10,500円
イヤースムーザー N300は気圧の変化による耳の痛みを軽減します。飛行機、スキュ...

Ads by 電脳卸

今からはじめるスキューバーダイビングの基礎知識の新着情報

軽器材と重器材

ダイビングをする際に必要な器材には、軽器材と重器材というものがあります。ここでは、軽器材と重器材について個別にご説明します。


軽器材


軽器材には、ダイビングだけでなく、水中を楽しむシュノーケリングなどに用いられる道具である「マスク」や「スノーケル」「ブーツ」「フィン」などがあります。



マスクマスク
ダイビング用の水中メガネのことで、鼻まで覆われています。人の眼は水中での光の屈折率では物がよく見えないのでマスクで眼の周りに空気の層を作ることで水中での視界を確保するためものです。また、潜水するときに鼻から水が入ってしまうのを防ぐために鼻も覆われています。1眼といってレンズが1枚になっているものは視界が開けて見えます。2眼といって通常のめがねのようにレンズが2枚あるものは視力が矯正できます。





フィン
フィンは、足ひれとも言われ、水中での推進力を高めるために足に装着します。少しの力で効率良く水中を移動でき、また水中で流れに逆らって停止するのにも役立ちます。
素材はプラスティック、ラバー(ゴム)、シリコンとあり、初心者にはラバーをおすすめします。プラスティックは材質が硬いので水を掻くのに力がいりますが、色が豊富で鮮やかです。ラバーはよくしなるので少しの力で効率よく進みますが色がプラスティックに比べ豊富ではありません。シリコンはしなり、色も豊富ですが値段が高めです。また、フィンの形はフルフットタイプとバックストラップタイプとあります。フルフットは素足に直接履ける靴の形をしています。バックストラップはかかとにストラップがあり、マリンブーツの上に装着します。岩場を歩いたり、熱い砂浜を歩いたりして海まで移動する場合にはマリンブーツを履いているほうが良いのでバックストラップをお勧めします。





シュノーケル
シュノーケルは、スノーケルともいいます。顔を水に着けた状態で呼吸をするための道具で、J字型をした管です。ダイビングではタンク内の空気を節約するために、潜水する場所まで水面移動をするときに使います。管に水が入ってきたのを自動的に排水してくれるもの、上から波しぶきが入りにくいようになっているものなどもあります。




ウェットスーツ
体を保護・保温するためのスーツで水着の上から着用します。発泡ゴムでできており、ゴムの中に入っている気泡が保温効果を高めています。体表面とスーツの間の水が体温で温められることで保温の効果があるので体に密着していないと保温効果はありません。生地の厚さが1ミリ、3ミリ、5ミリ、7ミリとあり、厚いほど保温効果はあがり、薄いほど着脱が楽になります。





ブーツ
マリンブーツといい、ショートブーツの形をしています。ブーツを履くことで足を保護・保温します。




重器材


重器材は文字通り重量もあり、大きく持ち運びが大変な器材のため、一般的にはレンタルすることが多いダイビングの器材になります。


重器材BCBC(ビーシー)
Buoyancy Compensator(浮力調整具)の略で、BCD(ビーシーディー:Dはdeviceの意)またはBCジャケットのことをいいます。どちらも同じものを指していますがメーカーにより呼び方が違いますが、一般的にはBC(ビーシー)と呼びます。ライフジャケットのような形で、タンクとホースでつなげる給気口、BC内の空気を排出する排気口、タンクを固定するベルトがついています。水中でBC内部の空気を出し入れすることで浮力を調整するための道具です。また、水面では空気をいっぱいにして浮き袋となり、非常時には救命胴衣がわりになります。


重器材レギュレーターレギュレーター
タンクとつながっていて、水中で呼吸するための道具です。タンク内の高圧空気の圧力を呼吸に適した圧力まで下げて供給してくれます。




重器材計器計器類
計器類には、タンク内の空気の残量を示す残圧計、現在の水深を知るための水深計、水中での方向を知るための方位磁石のコンパスなどがあります。




※当サイトスキューバダイビングに必要な道具も併せてご覧ください!

PADIのダイビングライセンス:エントリーレベル

PADIエントリーレベルのダイビングライセンスダイビング指導団体「PADI(エントリーレベル)」でのダイビングライセンスの種類についてまとめてみました。

ダイビングライセンスをレベル(ダイビングの目的)で分けると、
・エントリー・レベル
・スーパーバイザー・レベル
・インストラクター・レベル
・インストラクタートレーナー・レベル

の4つに分けられ、こちらでご紹介している「エントリーレベル」はレジャーを目的としたダイビングライセンスになります。


  ダイビングライセンス名 年齢 水深 取得に必要な
ダイビングライセンス
1 スクーバ・ダイバー 15歳以上 12m
2 ジュニア・スクーバ・ダイバー 10歳以上15歳未満 12m
3 オープン・ウォーター・ダイバー 15歳以上 18m
4 アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー 15歳以上 30m 3のオープン・ウォーター・ダイバー
5 レスキュー・ダイバー 15歳以上   4のアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー
+エマージェンシー
ファーストレスポンスプログラム
6 スペシャルティ・ダイバー 15歳以上 40m
※DeepDivingライセンス取得時
3のオープン・ウォーター・ダイバー
7 マスター・スクーバ・ダイバー 15歳以上   3のオープン・ウォーター・ダイバー


▼スクーバ・ダイバー
「スクーバ・ダイバー」のライセンスを取得するには、監督者としてオープンウォーターダイバーのレベルの同行が必要です。
またスクーバ・ダイバーは、「オープン・ウォーター・ダイバー」ライセンス取得中に荒天などで海洋実習が一日しかできなかったときなどに発行してもらうことがあります。


▼ジュニア・スクーバ・ダイバー
「ジュニア・スクーバ・ダイバー」は、ご説明するまでもありませんが、15歳未満の方がダイビングをするとき取得するライセンスとなります。


▼オープン・ウォーター・ダイバー
オープン・ウォーター・ダイバーは、一般的にダイビングをはじめる時最初に取得するライセンス。


▼アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー
アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーは、「オープン・ウォーター・ダイバー」の上位ライセンスになり、船でのダイビングなどの高いレベルのダイビングを求める方にふさわしいライセンス。


▼レスキュー・ダイバー
レスキュー・ダイバーは、救助のスペシャルティ。プロを目指す人は必ず取得するライセンスになります。また、趣味でダイビングする場合でも危険回避能力向上のために取得する方もおられます。近年では、AED講習もついていることがあるようです。


▼スペシャルティ・ダイバー
ダイビングの目的別専門ライセンス。ダイビングの幅をさらに広げたい方のためのライセンス。


▼マスター・スクーバ・ダイバー
マスター・スクーバ・ダイバーは、アマチュアダイビングライセンスの最高峰。高い経験値と知識を誇るライセンスなので、アマチュア団体でダイビングするときにはリーダー的存在となります。 サークルなどの場合、「マスター・スクーバ・ダイバー」ライセンス所有者がガイドをし、他のメンバーがついていくということがあります。しかし、マスター・スクーバ・ダイバーではダイビングのプロ活動はできません。

PADIのダイビングライセンス:エントリーレベル以上

PADIエントリーレベル以上のダイビングライセンスダイビング指導団体「PADI(エントリーレベル以上)」でのダイビングライセンスの種類についてまとめてみました。

ダイビングライセンスをレベル(ダイビングの目的)で分けると、
エントリー・レベル
・スーパーバイザー・レベル
・インストラクター・レベル
・インストラクタートレーナー・レベル

の4つに分けられ、こちらでご紹介している「エントリーレベル以上」は指導者的立場となるダイビングライセンスになります。


  ダイビングライセンス名 年齢 レベル
1 ダイブ・マスター 18歳以上 スーパーバイザーレベル
2 アシスタント・インストラクター 18歳以上 スーパーバイザーレベル
3 オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター 18歳以上 インストラクターレベル
4 マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー 18歳以上 インストラクターレベル
5 IDCスタッフ・インストラクター 18歳以上 インストラクターレベル
6 マスター・インストラクター 18歳以上 インストラクターレベル
7 コース・ディレクター 18歳以上 インストラクター・トレーナーレベル
8 スペシャルティ・インストラクター 18歳以上 インストラクターレベル


▼ダイブ・マスター
ダイブ・マスターは、プロダイバーとしての登竜門。ダイビングツアーガイドとダイビングライセンスの講習のアシスタントが可能なライセンスです。


▼アシスタント・インストラクター
アシスタント・インストラクターは、ダイビングツアーガイドと、インストラクターの監督のもとでライセンスの講習ができるライセンスです。


▼オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター
オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターは、スペシャルティ・ダイバー以外のエントリーレベルのダイビングライセンスの指導が可能。


▼マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー
マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナーになるには、5種類以上のスペシャルティインストラクターライセンス取得と25人以上のCカードの指導が必要となっています。


▼IDCスタッフ・インストラクター
IDCスタッフ・インストラクターは、スーパーバイザーレベルまでのダイビングライセンスの指導が可能。


▼マスター・インストラクター
マスター・インストラクターは、すべてのインストラクタープログラムを修了し、かつすべてのライセンスの指導を経験していることが条件となるダイビングライセンスです。


▼コース・ディレクター
コース・ディレクターは、インストラクターのライセンスの指導が可能。


▼スペシャルティ・インストラクター
スペシャルティ・インストラクターは、エントリー・レベル「スペシャルティ・ダイバー」のライセンス指導ができるライセンスです。しかし全種類ではなく、スペシャルティ・ダイバーの種類ごとにインストラクターのライセンス取得の必要があります。




ダイビング関連ニュース


フィード