JAPANCMASのダイビングライセンス:エントリーレベル以上

JAPANCMASエントリーレベル以上のダイビングライセンスダイビング指導団体「JAPANCMAS(エントリーレベル以上)」でのダイビングライセンスの種類についてまとめてみました。

ダイビングライセンスをレベル(ダイビングの目的)で分けると、
エントリー・レベル
・スーパーバイザー・レベル
・インストラクター・レベル
・インストラクタートレーナー・レベル

の4つに分けられ、こちらでご紹介している「エントリーレベル以上」は指導者的立場となるダイビングライセンスになります。


  ダイビングライセンス名 年齢 レベル
1 ダイブマスター 18歳以上 スーパーバイザーレベル
2 アシスタント・インストラクター 18歳以上 スーパーバイザーレベル
3 オープンウォーターインストラクター 18歳以上 インストラクターレベル
4 プロフェッショナルインストラクター 18歳以上 インストラクターレベル
5 マスター・インストラクター 18歳以上 インストラクター・トレーナーレベル
5 JCSインストラクター・トレーナー 18歳以上 インストラクター・トレーナーレベル


▼ダイブマスター
ダイブマスターのライセンスを取得すると、ダイビングツアーガイドができます。
※3★(スリースターダイバー)、4★(フォースターダイバー)

▼アシスタント・インストラクター
アシスタント・インストラクターのライセンスを取得すると、ダイビングツアーガイドとインストラクターの補助ができます。
※1★I(ワンスターインストラクター)

▼オープンウォーターインストラクター
オープンウォーターインストラクターは、ダイビングショップを立ち上げる際に、最低限必要なライセンス。
※1★I(ワンスターインストラクター)

▼プロフェッショナルインストラクター
※2★I(ツースターインストラクター)

▼マスター・インストラクター
※3★I(スリースターインストラクター)

▼JCSインストラクター・トレーナー

フィード