PADIのダイビングライセンス:エントリーレベル

PADIエントリーレベルのダイビングライセンスダイビング指導団体「PADI(エントリーレベル)」でのダイビングライセンスの種類についてまとめてみました。

ダイビングライセンスをレベル(ダイビングの目的)で分けると、
・エントリー・レベル
・スーパーバイザー・レベル
・インストラクター・レベル
・インストラクタートレーナー・レベル

の4つに分けられ、こちらでご紹介している「エントリーレベル」はレジャーを目的としたダイビングライセンスになります。


  ダイビングライセンス名 年齢 水深 取得に必要な
ダイビングライセンス
1 スクーバ・ダイバー 15歳以上 12m
2 ジュニア・スクーバ・ダイバー 10歳以上15歳未満 12m
3 オープン・ウォーター・ダイバー 15歳以上 18m
4 アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー 15歳以上 30m 3のオープン・ウォーター・ダイバー
5 レスキュー・ダイバー 15歳以上   4のアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー
+エマージェンシー
ファーストレスポンスプログラム
6 スペシャルティ・ダイバー 15歳以上 40m
※DeepDivingライセンス取得時
3のオープン・ウォーター・ダイバー
7 マスター・スクーバ・ダイバー 15歳以上   3のオープン・ウォーター・ダイバー


▼スクーバ・ダイバー
「スクーバ・ダイバー」のライセンスを取得するには、監督者としてオープンウォーターダイバーのレベルの同行が必要です。
またスクーバ・ダイバーは、「オープン・ウォーター・ダイバー」ライセンス取得中に荒天などで海洋実習が一日しかできなかったときなどに発行してもらうことがあります。


▼ジュニア・スクーバ・ダイバー
「ジュニア・スクーバ・ダイバー」は、ご説明するまでもありませんが、15歳未満の方がダイビングをするとき取得するライセンスとなります。


▼オープン・ウォーター・ダイバー
オープン・ウォーター・ダイバーは、一般的にダイビングをはじめる時最初に取得するライセンス。


▼アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー
アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーは、「オープン・ウォーター・ダイバー」の上位ライセンスになり、船でのダイビングなどの高いレベルのダイビングを求める方にふさわしいライセンス。


▼レスキュー・ダイバー
レスキュー・ダイバーは、救助のスペシャルティ。プロを目指す人は必ず取得するライセンスになります。また、趣味でダイビングする場合でも危険回避能力向上のために取得する方もおられます。近年では、AED講習もついていることがあるようです。


▼スペシャルティ・ダイバー
ダイビングの目的別専門ライセンス。ダイビングの幅をさらに広げたい方のためのライセンス。


▼マスター・スクーバ・ダイバー
マスター・スクーバ・ダイバーは、アマチュアダイビングライセンスの最高峰。高い経験値と知識を誇るライセンスなので、アマチュア団体でダイビングするときにはリーダー的存在となります。 サークルなどの場合、「マスター・スクーバ・ダイバー」ライセンス所有者がガイドをし、他のメンバーがついていくということがあります。しかし、マスター・スクーバ・ダイバーではダイビングのプロ活動はできません。

フィード