SSIのダイビングライセンス:エントリーレベル

SSIエントリーレベルのダイビングライセンスダイビング指導団体「SSI(エントリーレベル)」でのダイビングライセンスの種類についてまとめてみました。

ダイビングライセンスをレベル(ダイビングの目的)で分けると、
・エントリー・レベル
・スーパーバイザー・レベル
・インストラクター・レベル
・インストラクタートレーナー・レベル

の4つに分けられ、こちらでご紹介している「エントリーレベル」はレジャーを目的としたダイビングライセンスになります。


  ダイビングライセンス名 年齢 水深 取得に必要な
ダイビングライセンス
1 オープンウォーターダイバー 15歳以上 18m
2 スペシャルティ・コース 15歳以上 18m
※30m
1.オープンウォーターダイバー
3 スペシャルティダイバー 15歳以上 18m
※30m
12本+2.スペシャルティ・コース2種類
4 アドバンスドオープンウォーターダイバー 15歳以上 18m
※30m
24本+2.スペシャルティ・コース3種類
5 マスターダイバー 15歳以上 18m
※30m
50本+2.スペシャルティ・コース4種類+ストレス&レスキュースペシャルティライセンス


▼オープンウォーターダイバー
オープンウォーターダイバーは、一般的にスクーバ・ダイバーのライセンスは、ダイビングをはじめる時最初に取得するライセンス。


▼スペシャルティ・コース
スペシャルティ・コースは、ダイビングの目的別専門ライセンスでダイビングの幅をさらに広げたい方にふさわしいライセンス。
DeepDivingライセンス取得時は、水深30m。


▼スペシャルティダイバー
スペシャルティダイバーのライセンスを取得するには、12本のダイビング経験とスペシャルティ・コース2種類のライセンス取得済みである必要があります。また、DeepDivingライセンス取得時は、水深30m。



▼アドバンスドオープンウォーターダイバー
アドバンスドオープンウォーターダイバーのライセンスを取得するには、24本のダイビング経験とスペシャルティ・コース3種類のライセンス取得済みである必要があります。また、DeepDivingライセンス取得時は、水深30m。



▼マスターダイバー
マスターダイバーは、アマチュアダイビングライセンスの最高峰。高い経験値と知識を誇るライセンスなので、アマチュア団体でダイビングするときにはリーダー的存在となります。
マスターダイバーのライセンスを取得するには、50本のダイビング経験とスペシャルティ・コース4種類のライセンス取得済みでまた、ストレス&レスキュースペシャルティライセンスも必要です。DeepDivingライセンス取得時は、水深30m。


フィード