軽器材と重器材

ダイビングをする際に必要な器材には、軽器材と重器材というものがあります。ここでは、軽器材と重器材について個別にご説明します。


軽器材


軽器材には、ダイビングだけでなく、水中を楽しむシュノーケリングなどに用いられる道具である「マスク」や「スノーケル」「ブーツ」「フィン」などがあります。



マスクマスク
ダイビング用の水中メガネのことで、鼻まで覆われています。人の眼は水中での光の屈折率では物がよく見えないのでマスクで眼の周りに空気の層を作ることで水中での視界を確保するためものです。また、潜水するときに鼻から水が入ってしまうのを防ぐために鼻も覆われています。1眼といってレンズが1枚になっているものは視界が開けて見えます。2眼といって通常のめがねのようにレンズが2枚あるものは視力が矯正できます。





フィン
フィンは、足ひれとも言われ、水中での推進力を高めるために足に装着します。少しの力で効率良く水中を移動でき、また水中で流れに逆らって停止するのにも役立ちます。
素材はプラスティック、ラバー(ゴム)、シリコンとあり、初心者にはラバーをおすすめします。プラスティックは材質が硬いので水を掻くのに力がいりますが、色が豊富で鮮やかです。ラバーはよくしなるので少しの力で効率よく進みますが色がプラスティックに比べ豊富ではありません。シリコンはしなり、色も豊富ですが値段が高めです。また、フィンの形はフルフットタイプとバックストラップタイプとあります。フルフットは素足に直接履ける靴の形をしています。バックストラップはかかとにストラップがあり、マリンブーツの上に装着します。岩場を歩いたり、熱い砂浜を歩いたりして海まで移動する場合にはマリンブーツを履いているほうが良いのでバックストラップをお勧めします。





シュノーケル
シュノーケルは、スノーケルともいいます。顔を水に着けた状態で呼吸をするための道具で、J字型をした管です。ダイビングではタンク内の空気を節約するために、潜水する場所まで水面移動をするときに使います。管に水が入ってきたのを自動的に排水してくれるもの、上から波しぶきが入りにくいようになっているものなどもあります。




ウェットスーツ
体を保護・保温するためのスーツで水着の上から着用します。発泡ゴムでできており、ゴムの中に入っている気泡が保温効果を高めています。体表面とスーツの間の水が体温で温められることで保温の効果があるので体に密着していないと保温効果はありません。生地の厚さが1ミリ、3ミリ、5ミリ、7ミリとあり、厚いほど保温効果はあがり、薄いほど着脱が楽になります。





ブーツ
マリンブーツといい、ショートブーツの形をしています。ブーツを履くことで足を保護・保温します。




重器材


重器材は文字通り重量もあり、大きく持ち運びが大変な器材のため、一般的にはレンタルすることが多いダイビングの器材になります。


重器材BCBC(ビーシー)
Buoyancy Compensator(浮力調整具)の略で、BCD(ビーシーディー:Dはdeviceの意)またはBCジャケットのことをいいます。どちらも同じものを指していますがメーカーにより呼び方が違いますが、一般的にはBC(ビーシー)と呼びます。ライフジャケットのような形で、タンクとホースでつなげる給気口、BC内の空気を排出する排気口、タンクを固定するベルトがついています。水中でBC内部の空気を出し入れすることで浮力を調整するための道具です。また、水面では空気をいっぱいにして浮き袋となり、非常時には救命胴衣がわりになります。


重器材レギュレーターレギュレーター
タンクとつながっていて、水中で呼吸するための道具です。タンク内の高圧空気の圧力を呼吸に適した圧力まで下げて供給してくれます。




重器材計器計器類
計器類には、タンク内の空気の残量を示す残圧計、現在の水深を知るための水深計、水中での方向を知るための方位磁石のコンパスなどがあります。




※当サイトスキューバダイビングに必要な道具も併せてご覧ください!

フィード