スキンダイビングとは

スノーケルスキューバーダイビングをはじめる前に、マリンスポーツになれる意味もあってスキンダイビングやシュノーケリングをされる方も多いかと思います。


ここでは、簡単にそれら3つをご説明しておきます。

シュノーケリングは、近年のマリンスポーツの普及もあり夏場になると海でも子供たちが楽しそうに泳いでいる姿をご覧になることも多いのではないでしょうか。

シュノーケリングをするには、「マスク」とJ字型をした筒状の呼吸する道具である「スノーケル」とフィンとよばれる「足ひれ」をつけて水面から水中を見て、時には少し潜って水中を楽しみます。


スキンダイビングはシュノーケリングの装備にさらにウェイトとよばれる「おもり」をつけて水中にもぐって楽しみます。水中ではもちろん息を止めていますが、口を閉じたまま鼻をつまんで耳抜きをします。

  シュノーケリング
(スノーケリング)
スキン
ダイビング
スキューバー
ダイビング
ライセンス 不要 不要 必要
軽器材 マスク
スノーケル
フィン(足ヒレ)
必要 必要
重器材 不要 ウエイト 必要

シュノーケリングは主に水面から、スキンダイビングは主に水中で楽しむのが2つの大きな違いです。また、タンクと呼吸するための装置をつけて潜るとスキューバダイビングになります。
上手な人は10m以上ももぐることができます。


器材についての詳細は、当サイトスキューバダイビングに必要な道具をご覧ください。

フィード