ライセンス取得のための「学科講習」

ダイビングライセンスの学科講習学科講習はその通り、頭を使った勉強、講習内容となります。


内容は、安全にダイビングをするための知識やルールについてです。基本的にはダイビングショップで講習を受け、およそ5時間から6時間必要とします。


指導団体によっては講習前にビデオやテキストを使っての予習が必要な場合があります。詳細についてはお世話になるダイビングショップでご確認ください。


では実際にどんなことを学ぶかといいますと、


・ダイビング器材の名前と使い方
・ダイビング物理(音・光・浮力・圧力・温度など)について
・ダイビングに関連する医学的問題について
(圧力の影響について、身体的な問題の原因・症状・防止方法など)
・リクレーション・ダイブ・プラナー(ダイブテーブル等)の使い方
・ダイビング環境(水・地形・生物・天候・危険・環境保護など)について
・その他、ダイビング計画の立て方やダイビング中のコミュニケーション方法など


これらを見ると、結構大変そうに思いませんか?
しかし、インストラクターの方が解りやすく説明してくれるので居眠りでもしない限りは大丈夫です。


学科講習の最後に、知識を修得したか確認するための筆記試験があります。合否ラインはありますが、再試験はできるので安心して受けてください。

フィード