ライセンスの指導団体

ライセンスの指導団体ダイビングライセンスはいろんな指導団体が発行してます。


わかりやすく言うと、車を作ってる自動車メーカーがたくさんあるように、ダイビングライセンスを発行してる指導団体もたくさんあるのです。


ダイビングライセンスを取得する場合ですが、ダイビング指導団体の知名度が低いと信用も低くなります。


さらに詳しく説明しますと・・・・・、
知名度が低いと、どのような講習をしているかよく分からないので、そのライセンスを持っている人がどれくらいの技術や知識を持っているか分からない、結果そのライセンスを持っている人を潜らせてあげられない、ダイビングできない、となるわけです。


日本国内で一番多くライセンスを発行している指導団体はPADIです。ここのライセンスは知名度が高いので国内外問わずどこでも潜ることができます。


PADIの他にも世界的に有名な指導団体としては、BSAC、SSI、NAUI、CMASなどがあります。


またこれは一般的ではありませんが、スポーツクラブが指導団体になっているものがあります。


この場合、スポーツクラブのメンバーを対象にダイビングスクールを行いライセンスを発行、メンバーを対象にダイビングツアーなどを行っています。


こういったスポーツクラブのライセンスですと、他のダイビングショップのツアーに申し込んでも断られてしまうことがあります。


しかし、サークル感覚で参加できるというメリットもあるので、各自の目的に応じたライセンスを取るのが良いかと思います。


最後に、
ダイビングライセンスは有名な指導団体のライセンスを取得したことよりもライセンス取得後に「どれだけダイビングをしたか?」の方が重要とされています。

(例)
・PADIのライセンス取得後に初めてダイビングする人
・無名に近い指導団体のライセンス取得後100回以上潜った人


後者の方が断然すばらしいところで、ダイビングすることができます。
ですのでライセンスを取得したら、数多くダイビングをすることをおすすめします!


※当サイトでは、指導団体別に「エントリーレベル」と「エントリーレベル以上」に分け、分かりやすくライセンスをご説明しています。

フィード