スキューバダイビングに必要なライセンス

スキューバダイビングに必要なライセンススキューバダイビングをするためにはライセンスが必要になります。


スキューバーダイビングの場合、ライセンスといっても自動車免許などとは違い、日本では法律などで定められているというわけではありません。


ダイビングのライセンスは、正式にはCカード(修了認定証)とよばれます。ライセンスの方が分かりやすいので、以後当サイトではライセンスと表現しお話ししていきます。


ライセンスは、民間の指導団体がライセンス取得のための講習をして、修了した人にライセンスを発行しています。


ダイバーは潜る前に、必ずライセンスを提示しなければいけません。
しかし、そこでライセンスを提示できないとどうなるか?
→答え:ダイビングさせてもらえません・・・・・。


免許を持たずに自動車の運転をすると、免許不携帯で警察官に注意されます。ダイビングでも同じことです。

ライセンス不携帯の人にダイビングをさせて、万が一事故があった場合、ダイビングさせた側が
罰せられる可能性があるのです。


ダイビングは、無知の状態でただ「楽しい!」という気持ちだけですると、危険なスポーツです。
鼓膜が破れたり、肺が破裂したりなど、体に影響のある場合があります。


そんな危険なことがないように、民間の指導団体がライセンスを発行しているのです。

フィード