スキューバダイビングに必要な道具

スキューバダイビングに必要な道具呼吸をする装置をつけて潜水すること、これがスキューバダイビングです。


呼吸する装置として代表的なものは、「圧縮空気の入ったタンク」、そこから送られた空気で呼吸するための「レギュレーター」(左画像)、またタンクの空気の残量を見たり方角を見る「計器類」もあります。


水面での浮袋でもあり、救命胴衣である「BC」、水中に沈むために必要なおもり「ウェイト」とウェイトを腰につけるための「ウェイトベルト」も必要です。


これらがダイビングの重器材と言われています。

ダイビングの重器材
ダイビング重器材タンク
タンク
ダイビング重器材レギュレーター
レギュレーター
ダイビング重器材計器
計器
ダイビング重器材BC
BC
ダイビング重器材ウエイト
ウエイト
ダイビング重器材ウエイトベルト
ウエイトベルト


タンクとウェイトは重く持ち運びも大変なこともあり、プロダイバーでもない限り一般的にはレンタルします。


他にもスキューバダイビングをするにはもちろん、シュノーケリングやスキンダイビングでも使う、軽器材と呼ばれる道具があります。


軽器材には、体の保護と保温をする「ウェットスーツ」、水中での視界を確保するためのゴーグルのような「マスク」、水面で呼吸をするための「スノーケル」、水中で平衡を取ったり、少ない力でたくさん進む足ひれ「フィン」、足を守ったり保温する靴のような「ブーツ」など。


ここで紹介した軽器材はすべてレンタルすることができます。

ダイビングの軽器材
ダイビング軽器材ウエットスーツ
ウエットスーツ
ダイビング軽器材マスク
マスク
ダイビング軽器材計器
スノーケル
ダイビング軽器材フィン
フィン
ダイビング軽器材ブーツ
ブーツ
 


四肢や視力に不自由がある、体系が標準を大きく外れているなど特別な事情がなければ、特に道具を用意しなくてもダイビングはできます。

フィード