ダイビングの年齢制限

年齢制限スキューバダイビングには、年齢制限があります。


年齢の制限は一概にはいえず、ライセンスを発行する指導団体によって異なります。しかし、10歳未満の子供さんについては残念ながら基本的にダイビングはできません。


10歳からは指導団体やインストラクターの判断にもよりますが、制限付きのダイビングライセンスを取得でき、15歳になると、どこの指導団体でもダイビングライセンスを取得することができます。


また、ダイビングのライセンスを取得したいお気持ちはあるのに、「高齢であること」を気にされる方がおられます。


スキューバダイビングに年齢の上限制限はありません!


ただし、指導団体によっては一定年齢以上では、医師の診断書の提出を義務付けてるところもあります。


ですが、ダイビングは年齢は関係なく楽しめるスポーツです。


タンクを背負って歩くこと、水中でのゆったりとしたフィンワーク(=ばた足)ができる体力があればダイビングはできます。


ダイビング器材のセッティングができ、ルールを守れる識別力があれば問題ありません。


60歳を過ぎてからライセンスを取得を目指される方もおられ、3世代同居ならぬ3世代ダイバーもおられます。


シニア世代の方も積極的にダイビングに挑戦してくださいね!

フィード