ライセンス取得の講習内容:カテゴリー

オーストラリアでも話題!
↓ 気圧の変化等による耳の痛みを軽減「イヤースムーザー」 ↓

【イヤースムーザー N300】気圧の変化等による耳の痛みを軽減します。飛行機、スキューバーダイビング、酸素カプセルなどに。【これこれ倶楽部】【イヤースムーザー N300】気圧の変化等による耳の痛みを軽減します。飛行機、ス...
10,500円

イヤースムーザー N300は気圧の変化による耳の痛みを軽減します。飛行機、スキューバーダイビング、酸素カプセルなどのお供に♪
Ads by 電脳卸


ライセンス取得のための「学科講習」

ダイビングライセンスの学科講習学科講習はその通り、頭を使った勉強、講習内容となります。


内容は、安全にダイビングをするための知識やルールについてです。基本的にはダイビングショップで講習を受け、およそ5時間から6時間必要とします。


指導団体によっては講習前にビデオやテキストを使っての予習が必要な場合があります。詳細についてはお世話になるダイビングショップでご確認ください。


では実際にどんなことを学ぶかといいますと、


・ダイビング器材の名前と使い方
・ダイビング物理(音・光・浮力・圧力・温度など)について
・ダイビングに関連する医学的問題について
(圧力の影響について、身体的な問題の原因・症状・防止方法など)
・リクレーション・ダイブ・プラナー(ダイブテーブル等)の使い方
・ダイビング環境(水・地形・生物・天候・危険・環境保護など)について
・その他、ダイビング計画の立て方やダイビング中のコミュニケーション方法など


これらを見ると、結構大変そうに思いませんか?
しかし、インストラクターの方が解りやすく説明してくれるので居眠りでもしない限りは大丈夫です。


学科講習の最後に、知識を修得したか確認するための筆記試験があります。合否ラインはありますが、再試験はできるので安心して受けてください。


ライセンス取得のための「限定水域講習」

ダイビングライセンスの限定水域講習限定水域講習は、最初は足の着く深さから、次第に足のつかない深いプール、または穏やかな浅い海での実技講習になります。

これには、およそ1日かかります。


限定水域講習では、実際にダイビング器材を装着してダイビングをします。


この限定水域講習で学んだのと同じ内容を、次の講習である「海洋実習」では実際に深い海で行います。

ですのでこの限定水域講習でしっかりと技術を修得する必要があります。


限定水域講習ではおおまかですが次のようなことを学びます。


・ダイビング器材のセットと点検

・エントリー(潜降)とエキジット(浮上)の方法
※ダイビングでは、水面から水中に潜ることをエントリー、 水中から浮上して水面に出ることをエキジットといいます。

・ウェイト(おもり)の調整方法

・水中での浮力のコントロール

・マウスピースのクリア(スノーケルとレギュレーターと両方)

・マスククリアおよびマスクの脱着
※「クリア」とは中に入った水を除くことをいいます。

・水中移動と水面移動

・バディ・システムのテクニック

・水面下でのトラブル処理

・水面でのダイビング装備の着脱

・ダイビング器材の取り外しと手入れ方法、メンテナンス


難しいように感じられるかもしれませんが、学科講習で学んだことを実際に体を使って「体感する」「やってみる」という内容になっています。


この限定水域講習でできれば、残すは本物のダイビングだけです。


ライセンス取得のための「海洋実習」

ダイビングライセンスの限定水域講習海洋実習とは、文字が表すとおり実際の海での講習のことをいい、海洋実習は、講習に適した穏やかな海域で行われます。


ほとんどの場合はビーチからのダイビングですが、場所によってはボートでのダイビングになることもあります。お世話になるダイビングショップの指示にしたがってください。


初めてのボートダイビングは私もそうでしたが、とても緊張します。

大股広げて海面に落ちていったり、背中から海に飛び込んだり、ボートダイビングのエントリーには大変勇気がいります。


水深12mのライセンスは1日、合計2本、水深18mのライセンスは2日間、合計4本のダイビングで行います。体への圧力の影響などから、1日4本以上は潜らせてもらえません。


海洋実習では、限定海域講習で学んだことを実際の海で行います。
ビーチでも、初めてのダイビングということで、とても緊張すると思います。インストラクターの指示にしたがって、無理しないようにしましょう。


海洋実習が終わればライセンスが発行されますが、実際にライセンスが届くのには日数がかかります。

理由は、指導団体本部に申請して、指導団体本部が発行するためです。
しかし、ご安心ください。

講習修了後には、「仮ライセンス」を発行してくれます。
その翌日から世界中のどこの海でも潜ることができます!


国内海外ダイビングツアーダイブクルーズなら

Page: 1
フィード