指導団体とライセンスの種類:カテゴリー

オーストラリアでも話題!
↓ 気圧の変化等による耳の痛みを軽減「イヤースムーザー」 ↓

【イヤースムーザー N300】気圧の変化等による耳の痛みを軽減します。飛行機、スキューバーダイビング、酸素カプセルなどに。【これこれ倶楽部】【イヤースムーザー N300】気圧の変化等による耳の痛みを軽減します。飛行機、ス...
10,500円

イヤースムーザー N300は気圧の変化による耳の痛みを軽減します。飛行機、スキューバーダイビング、酸素カプセルなどのお供に♪
Ads by 電脳卸


ライセンスの指導団体

ライセンスの指導団体ダイビングライセンスはいろんな指導団体が発行してます。


わかりやすく言うと、車を作ってる自動車メーカーがたくさんあるように、ダイビングライセンスを発行してる指導団体もたくさんあるのです。


ダイビングライセンスを取得する場合ですが、ダイビング指導団体の知名度が低いと信用も低くなります。


さらに詳しく説明しますと・・・・・、
知名度が低いと、どのような講習をしているかよく分からないので、そのライセンスを持っている人がどれくらいの技術や知識を持っているか分からない、結果そのライセンスを持っている人を潜らせてあげられない、ダイビングできない、となるわけです。


日本国内で一番多くライセンスを発行している指導団体はPADIです。ここのライセンスは知名度が高いので国内外問わずどこでも潜ることができます。


PADIの他にも世界的に有名な指導団体としては、BSAC、SSI、NAUI、CMASなどがあります。


またこれは一般的ではありませんが、スポーツクラブが指導団体になっているものがあります。


この場合、スポーツクラブのメンバーを対象にダイビングスクールを行いライセンスを発行、メンバーを対象にダイビングツアーなどを行っています。


こういったスポーツクラブのライセンスですと、他のダイビングショップのツアーに申し込んでも断られてしまうことがあります。


しかし、サークル感覚で参加できるというメリットもあるので、各自の目的に応じたライセンスを取るのが良いかと思います。


最後に、
ダイビングライセンスは有名な指導団体のライセンスを取得したことよりもライセンス取得後に「どれだけダイビングをしたか?」の方が重要とされています。

(例)
・PADIのライセンス取得後に初めてダイビングする人
・無名に近い指導団体のライセンス取得後100回以上潜った人


後者の方が断然すばらしいところで、ダイビングすることができます。
ですのでライセンスを取得したら、数多くダイビングをすることをおすすめします!


※当サイトでは、指導団体別に「エントリーレベル」と「エントリーレベル以上」に分け、分かりやすくライセンスをご説明しています。


ダイビングライセンスの種類

ダイビングライセンスの種類ダイビングライセンスにはいくつか種類があります。


自動車運転免許にも、普通免許や中型免許、大型免許、特殊免許などがあります。さらに普通免許の中でもオートマ限定やマニュアルと分かれ、ダイビングの免許についても同じことがいえます。


ただ、ダイビング指導団体は多数あり、国内だけでも30以上あり、その指導団体ごとで、ライセンスの種類や名前は違うのです。


いずれの指導団体のライセンスの場合も大きく4つに分けられます。

・エントリー・レベル
・スーパーバイザー・レベル
・インストラクター・レベル
・インストラクタートレーナー・レベル

上記4つのレベルについて簡単に説明すると、エントリー・レベルはダイビングをレジャーとして楽しみ、スーパーバイザー・レベルはセミプロとしてダイビングをするレベルです。インストラクター・レベルは、エントリー・レベルを指導でき、インストラクタートレーナー・レベルはインストラクターを指導できるというものです。


・エントリーレベル・・・・・アマチュアとしての活動
・スーパーバイザー・・・・・ツアーガイドやインストラクターの補助活動。
・インストラクターレベル・・・・・エントリーレベルのスクール開催可能。
・インストラクター・トレーナーレベル・・・・・スーパーバイザーレベル以上のスクール開催可能。


ダイビングを楽しむにはこのエントリーレベルのライセンスを取得するのですが、このエントリーレベルだけでもたくさんのライセンスの種類があります。

エントリーレベルのライセンスは各指導団体でそれぞれ名前が違うのですが、制限されている水深はだいたいどこも同じなので制限深度で分けて次にご説明します。


水深12mのダイビングライセンス

水深12mのダイビングライセンス水深制限12mのライセンスは、インストラクター・レベル以上のライセンス取得者の監督が必要です。


詳しくは当サイトダイビングライセンスの種類をご覧ください。


PADI、BSACでは「スクーバ・ダイバー」(15歳以上)

または「ジュニア・スクーバ・ダイバー」(10歳以上)。

NAUIは「パスポート・ダイバー」(10歳以上)。


SSI、JAPAN CMAS、CMAS=JEFFには、これに該当するライセンスは無いようです。


▼水深12mのダイビングライセンス
PADI
NAUI


水深12mのライセンスのメリットは、海洋実習が1日で済むことです。しかし、メジャーではありません。

通常レジャーでのダイビングでも15mくらいは潜るので、水深12mまでの制限があると十分に楽しめないことも理由ではないでしょうか?


また、この水深12mのライセンスの上級ライセンスである「水深18mまで潜れるライセンス」を取得しに行ったけれども、悪天候で海洋実習が1日しかできなかった、などの場合に発行することもあるようです。


このライセンスを持っていれば、水深18mまで潜れるライセンスを取得するとき、講習や実習が一部免除になるというメリットがあります。


水深18mのダイビングライセンス

水深18mのダイビングライセンス水深制限18mまでのライセンスは、バディシステム(2人1組)でダイビングをすることでインストラクターレベルの監督は不要になります。

ダイビングをはじめる時にはこのライセンスを取得するのが一般的です。


PADI、JAPAN CMAS、CMAS=JEFF、SSIでは「オープン・ウォーター・ダイバー」、NAUIでは「スクーバ・ダイバー」、BSACでは「オーシャン・ダイバ」ーといいます。


▼水深18mのダイビングライセンス
PADI
NAUI
SSI
JAPANCMAS
CMAS=JEFF


実際にはこのレベルのライセンスを取得した後も、ダイビングツアーに参加するのが一般的です。


ダイビングツアーとは、簡単に言うと、旅行の添乗員同行プランです。ダイビングにガイドが同行、案内をしてくれます。


このレベルのライセンスを取得しただけでは、初心者なので怖くてガイドなしには潜れません。


水深30mのダイビングライセンス

水深30mのダイビングライセンス水深制限30mまでのライセンスは、水深制限18mのダイビングライセンスを取得していることが条件となっています。


PADI、JAPAN CMAS、CMAS=JEFF、SSIでは「アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー」、NAUIでは「アドバンス・スクーバ・ダイバー」といい、略して「アドバンス」と呼ばれてます。
BSACでは「スポーツ・ダイバー」といいます。


▼水深30mのダイビングライセンス
PADI
NAUI
SSI
JAPANCMAS
CMAS=JEFF


水深18mまでのライセンスを取得したら次のステップがこのライセンスです。


このライセンスは多くの指導団体では水深18mまでのライセンス取得後、すぐに受講できるので、続けて2つのライセンスを取得することをすすめているダイビングスクールもあります。

このライセンスを取得すれば、どこの海でも制限なく潜れるようになりますよ。


私も間は開けましたが続けて2つのライセンスを取得しました。よりダイビングを楽しめますよ(^u^)


しかしライセンスを取得後にちゃんと経験を積んで、実力にあった海でダイビングしましょうね。


実力より難易度の高い海でダイビングするのは事故の原因になりかねません!


国内海外ダイビングツアーダイブクルーズなら

Page: <<前の5件  1 < 2 < 3 < 4  次の5件>>
フィード