指導団体とライセンスの種類:カテゴリー

オーストラリアでも話題!
↓ 気圧の変化等による耳の痛みを軽減「イヤースムーザー」 ↓

【イヤースムーザー N300】気圧の変化等による耳の痛みを軽減します。飛行機、スキューバーダイビング、酸素カプセルなどに。【これこれ倶楽部】【イヤースムーザー N300】気圧の変化等による耳の痛みを軽減します。飛行機、ス...
10,500円

イヤースムーザー N300は気圧の変化による耳の痛みを軽減します。飛行機、スキューバーダイビング、酸素カプセルなどのお供に♪
Ads by 電脳卸


PADIのダイビングライセンス:エントリーレベル

PADIエントリーレベルのダイビングライセンスダイビング指導団体「PADI(エントリーレベル)」でのダイビングライセンスの種類についてまとめてみました。

ダイビングライセンスをレベル(ダイビングの目的)で分けると、
・エントリー・レベル
・スーパーバイザー・レベル
・インストラクター・レベル
・インストラクタートレーナー・レベル

の4つに分けられ、こちらでご紹介している「エントリーレベル」はレジャーを目的としたダイビングライセンスになります。


  ダイビングライセンス名 年齢 水深 取得に必要な
ダイビングライセンス
1 スクーバ・ダイバー 15歳以上 12m
2 ジュニア・スクーバ・ダイバー 10歳以上15歳未満 12m
3 オープン・ウォーター・ダイバー 15歳以上 18m
4 アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー 15歳以上 30m 3のオープン・ウォーター・ダイバー
5 レスキュー・ダイバー 15歳以上   4のアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー
+エマージェンシー
ファーストレスポンスプログラム
6 スペシャルティ・ダイバー 15歳以上 40m
※DeepDivingライセンス取得時
3のオープン・ウォーター・ダイバー
7 マスター・スクーバ・ダイバー 15歳以上   3のオープン・ウォーター・ダイバー


▼スクーバ・ダイバー
「スクーバ・ダイバー」のライセンスを取得するには、監督者としてオープンウォーターダイバーのレベルの同行が必要です。
またスクーバ・ダイバーは、「オープン・ウォーター・ダイバー」ライセンス取得中に荒天などで海洋実習が一日しかできなかったときなどに発行してもらうことがあります。


▼ジュニア・スクーバ・ダイバー
「ジュニア・スクーバ・ダイバー」は、ご説明するまでもありませんが、15歳未満の方がダイビングをするとき取得するライセンスとなります。


▼オープン・ウォーター・ダイバー
オープン・ウォーター・ダイバーは、一般的にダイビングをはじめる時最初に取得するライセンス。


▼アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー
アドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバーは、「オープン・ウォーター・ダイバー」の上位ライセンスになり、船でのダイビングなどの高いレベルのダイビングを求める方にふさわしいライセンス。


▼レスキュー・ダイバー
レスキュー・ダイバーは、救助のスペシャルティ。プロを目指す人は必ず取得するライセンスになります。また、趣味でダイビングする場合でも危険回避能力向上のために取得する方もおられます。近年では、AED講習もついていることがあるようです。


▼スペシャルティ・ダイバー
ダイビングの目的別専門ライセンス。ダイビングの幅をさらに広げたい方のためのライセンス。


▼マスター・スクーバ・ダイバー
マスター・スクーバ・ダイバーは、アマチュアダイビングライセンスの最高峰。高い経験値と知識を誇るライセンスなので、アマチュア団体でダイビングするときにはリーダー的存在となります。 サークルなどの場合、「マスター・スクーバ・ダイバー」ライセンス所有者がガイドをし、他のメンバーがついていくということがあります。しかし、マスター・スクーバ・ダイバーではダイビングのプロ活動はできません。


PADIのダイビングライセンス:エントリーレベル以上

PADIエントリーレベル以上のダイビングライセンスダイビング指導団体「PADI(エントリーレベル以上)」でのダイビングライセンスの種類についてまとめてみました。

ダイビングライセンスをレベル(ダイビングの目的)で分けると、
エントリー・レベル
・スーパーバイザー・レベル
・インストラクター・レベル
・インストラクタートレーナー・レベル

の4つに分けられ、こちらでご紹介している「エントリーレベル以上」は指導者的立場となるダイビングライセンスになります。


  ダイビングライセンス名 年齢 レベル
1 ダイブ・マスター 18歳以上 スーパーバイザーレベル
2 アシスタント・インストラクター 18歳以上 スーパーバイザーレベル
3 オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター 18歳以上 インストラクターレベル
4 マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー 18歳以上 インストラクターレベル
5 IDCスタッフ・インストラクター 18歳以上 インストラクターレベル
6 マスター・インストラクター 18歳以上 インストラクターレベル
7 コース・ディレクター 18歳以上 インストラクター・トレーナーレベル
8 スペシャルティ・インストラクター 18歳以上 インストラクターレベル


▼ダイブ・マスター
ダイブ・マスターは、プロダイバーとしての登竜門。ダイビングツアーガイドとダイビングライセンスの講習のアシスタントが可能なライセンスです。


▼アシスタント・インストラクター
アシスタント・インストラクターは、ダイビングツアーガイドと、インストラクターの監督のもとでライセンスの講習ができるライセンスです。


▼オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクター
オープン・ウォーター・スクーバ・インストラクターは、スペシャルティ・ダイバー以外のエントリーレベルのダイビングライセンスの指導が可能。


▼マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナー
マスター・スクーバ・ダイバー・トレーナーになるには、5種類以上のスペシャルティインストラクターライセンス取得と25人以上のCカードの指導が必要となっています。


▼IDCスタッフ・インストラクター
IDCスタッフ・インストラクターは、スーパーバイザーレベルまでのダイビングライセンスの指導が可能。


▼マスター・インストラクター
マスター・インストラクターは、すべてのインストラクタープログラムを修了し、かつすべてのライセンスの指導を経験していることが条件となるダイビングライセンスです。


▼コース・ディレクター
コース・ディレクターは、インストラクターのライセンスの指導が可能。


▼スペシャルティ・インストラクター
スペシャルティ・インストラクターは、エントリー・レベル「スペシャルティ・ダイバー」のライセンス指導ができるライセンスです。しかし全種類ではなく、スペシャルティ・ダイバーの種類ごとにインストラクターのライセンス取得の必要があります。



NAUIのダイビングライセンス:エントリーレベル

NAUIエントリーレベルのダイビングライセンスダイビング指導団体「NAUI(エントリーレベル)」でのダイビングライセンスの種類についてまとめてみました。

ダイビングライセンスをレベル(ダイビングの目的)で分けると、
・エントリー・レベル
・スーパーバイザー・レベル
・インストラクター・レベル
・インストラクタートレーナー・レベル

の4つに分けられ、こちらでご紹介している「エントリーレベル」はレジャーを目的としたダイビングライセンスになります。


  ダイビングライセンス名 年齢 水深 取得に必要な
ダイビングライセンス
1 パスポート・ダイバー 10歳以上 18m
15歳未満12m
2 スクーバ・ダイバー 15歳以上
※Jr.
10歳以上
18m
3 アドバンス・スクーバ・ダイバー 15歳以上
※Jr.
10歳以上
30m 2.スクーバダイバー
4 レスキュー・ダイバースペシャルティ・ダイバー 15歳以上 30m 3.アドバンス・スクーバ・ダイバー+NAUI CPR&FIRST AID または同等資格
5 スペシャルティ・ダイバー 15歳以上
※Jr.
10歳以上

種類により別途年齢制限有
40m

※DeepDivingライセンス取得時
2.スクーバ・ダイバー
6 マスター・スクーバ・ダイバー 15歳以上   4.レスキュー・ダイバースペシャルティ・ダイバー+5.スペシャルティ・ダイバーのコアスペシャルティ3種類以上


▼パスポート・ダイバー
パスポート・ダイバーは、10歳以上からライセンス取得可能ですが、15歳未満については水深12mまでとなっています。


▼スクーバ・ダイバー
スクーバ・ダイバーは、10歳以上15歳未満はJr.となっています。
一般的にスクーバ・ダイバーのライセンスは、ダイビングをはじめる時最初に取得するライセンス。


▼アドバンス・スクーバ・ダイバー
アドバンス・スクーバ・ダイバーは、10歳以上15歳未満はJr.となっています。また、スクーバダイバーのライセンスが必要です。
「スクーバ・ダイバー」の上位ライセンスになり、船でのダイビングなどの高いレベルのダイビングを求める方にふさわしいライセンス。

▼レスキュー・ダイバースペシャルティ・ダイバー
レスキュー・ダイバースペシャルティ・ダイバーは、アドバンス・スクーバ・ダイバーとNAUI CPR&FIRST AIDまたは同等資格保有者である必要があります。
レスキュー・ダイバースペシャルティ・ダイバーは、救助のスペシャルティ。プロを目指す人は必ず取得するライセンスになります。また、趣味でダイビングする場合でも危険回避能力向上のために取得する方もおられます。近年では、AED講習もついていることがあるようです。

▼スペシャルティ・ダイバー
スペシャルティ・ダイバーは、スクーバ・ダイバーのライセンスが必要です。ダイビングの目的別専門ライセンスでダイビングの幅をさらに広げたい方にふさわしいライセンス。また、種類により年齢制限があります。


▼マスター・スクーバ・ダイバー
4.レスキュー・ダイバースペシャルティ・ダイバー+5.スペシャルティ・ダイバーのコアスペシャルティ3種類以上を取得していることが条件です。
アマチュアダイビングライセンスの最高峰のマスター・スクーバ・ダイバー。高い経験値と知識を誇るライセンスなので、アマチュア団体でダイビングするときにはリーダー的存在となります。サークルなどの場合、「マスター・スクーバ・ダイバー」ライセンス所有者がガイドをし、他のメンバーがついていくということがあります。しかし、マスター・スクーバ・ダイバーではダイビングのプロ活動はできません。



NAUIのダイビングライセンス:エントリーレベル以上

NAUIエントリーレベル以上のダイビングライセンスダイビング指導団体「NAUI(エントリーレベル以上)」でのダイビングライセンスの種類についてまとめてみました。

ダイビングライセンスをレベル(ダイビングの目的)で分けると、
エントリー・レベル
・スーパーバイザー・レベル
・インストラクター・レベル
・インストラクタートレーナー・レベル

の4つに分けられ、こちらでご紹介している「エントリーレベル以上」は指導者的立場となるダイビングライセンスになります。


  ダイビングライセンス名 年齢 レベル
1 ダイブ・マスター 18歳以上 スーパーバイザーレベル
2 アシスタント・インストラクター 18歳以上 スーパーバイザーレベル
3 インストラクター 18歳以上 インストラクターレベル
4 コース・ディレクター 18歳以上 インストラクター・トレーナーレベル


▼ダイブ・マスター
ダイブ・マスターのライセンスを取得すると、ダイビングツアーのガイドができます。


▼アシスタント・インストラクター
アシスタント・インストラクターは、ダイビングツアーガイドと、インストラクターの補助が可能なライセンスです。


▼インストラクター
インストラクターは、エントリー・レベルのダイビングスクールの実施が可能なライセンス。


▼コース・ディレクター
コース・ディレクターは、スーパーバイザーレベル以上のダイビングスクールの実施が可能なライセンス。



SSIのダイビングライセンス:エントリーレベル

SSIエントリーレベルのダイビングライセンスダイビング指導団体「SSI(エントリーレベル)」でのダイビングライセンスの種類についてまとめてみました。

ダイビングライセンスをレベル(ダイビングの目的)で分けると、
・エントリー・レベル
・スーパーバイザー・レベル
・インストラクター・レベル
・インストラクタートレーナー・レベル

の4つに分けられ、こちらでご紹介している「エントリーレベル」はレジャーを目的としたダイビングライセンスになります。


  ダイビングライセンス名 年齢 水深 取得に必要な
ダイビングライセンス
1 オープンウォーターダイバー 15歳以上 18m
2 スペシャルティ・コース 15歳以上 18m
※30m
1.オープンウォーターダイバー
3 スペシャルティダイバー 15歳以上 18m
※30m
12本+2.スペシャルティ・コース2種類
4 アドバンスドオープンウォーターダイバー 15歳以上 18m
※30m
24本+2.スペシャルティ・コース3種類
5 マスターダイバー 15歳以上 18m
※30m
50本+2.スペシャルティ・コース4種類+ストレス&レスキュースペシャルティライセンス


▼オープンウォーターダイバー
オープンウォーターダイバーは、一般的にスクーバ・ダイバーのライセンスは、ダイビングをはじめる時最初に取得するライセンス。


▼スペシャルティ・コース
スペシャルティ・コースは、ダイビングの目的別専門ライセンスでダイビングの幅をさらに広げたい方にふさわしいライセンス。
DeepDivingライセンス取得時は、水深30m。


▼スペシャルティダイバー
スペシャルティダイバーのライセンスを取得するには、12本のダイビング経験とスペシャルティ・コース2種類のライセンス取得済みである必要があります。また、DeepDivingライセンス取得時は、水深30m。



▼アドバンスドオープンウォーターダイバー
アドバンスドオープンウォーターダイバーのライセンスを取得するには、24本のダイビング経験とスペシャルティ・コース3種類のライセンス取得済みである必要があります。また、DeepDivingライセンス取得時は、水深30m。



▼マスターダイバー
マスターダイバーは、アマチュアダイビングライセンスの最高峰。高い経験値と知識を誇るライセンスなので、アマチュア団体でダイビングするときにはリーダー的存在となります。
マスターダイバーのライセンスを取得するには、50本のダイビング経験とスペシャルティ・コース4種類のライセンス取得済みでまた、ストレス&レスキュースペシャルティライセンスも必要です。DeepDivingライセンス取得時は、水深30m。



国内海外ダイビングツアーダイブクルーズなら

Page: 1 < 2 < 3 < 4  次の5件>>
フィード