スキューバダイビングの基礎知識:カテゴリー

オーストラリアでも話題!
↓ 気圧の変化等による耳の痛みを軽減「イヤースムーザー」 ↓

【イヤースムーザー N300】気圧の変化等による耳の痛みを軽減します。飛行機、スキューバーダイビング、酸素カプセルなどに。【これこれ倶楽部】【イヤースムーザー N300】気圧の変化等による耳の痛みを軽減します。飛行機、ス...
10,500円

イヤースムーザー N300は気圧の変化による耳の痛みを軽減します。飛行機、スキューバーダイビング、酸素カプセルなどのお供に♪
Ads by 電脳卸


軽器材と重器材

ダイビングをする際に必要な器材には、軽器材と重器材というものがあります。ここでは、軽器材と重器材について個別にご説明します。


軽器材


軽器材には、ダイビングだけでなく、水中を楽しむシュノーケリングなどに用いられる道具である「マスク」や「スノーケル」「ブーツ」「フィン」などがあります。



マスクマスク
ダイビング用の水中メガネのことで、鼻まで覆われています。人の眼は水中での光の屈折率では物がよく見えないのでマスクで眼の周りに空気の層を作ることで水中での視界を確保するためものです。また、潜水するときに鼻から水が入ってしまうのを防ぐために鼻も覆われています。1眼といってレンズが1枚になっているものは視界が開けて見えます。2眼といって通常のめがねのようにレンズが2枚あるものは視力が矯正できます。





フィン
フィンは、足ひれとも言われ、水中での推進力を高めるために足に装着します。少しの力で効率良く水中を移動でき、また水中で流れに逆らって停止するのにも役立ちます。
素材はプラスティック、ラバー(ゴム)、シリコンとあり、初心者にはラバーをおすすめします。プラスティックは材質が硬いので水を掻くのに力がいりますが、色が豊富で鮮やかです。ラバーはよくしなるので少しの力で効率よく進みますが色がプラスティックに比べ豊富ではありません。シリコンはしなり、色も豊富ですが値段が高めです。また、フィンの形はフルフットタイプとバックストラップタイプとあります。フルフットは素足に直接履ける靴の形をしています。バックストラップはかかとにストラップがあり、マリンブーツの上に装着します。岩場を歩いたり、熱い砂浜を歩いたりして海まで移動する場合にはマリンブーツを履いているほうが良いのでバックストラップをお勧めします。





シュノーケル
シュノーケルは、スノーケルともいいます。顔を水に着けた状態で呼吸をするための道具で、J字型をした管です。ダイビングではタンク内の空気を節約するために、潜水する場所まで水面移動をするときに使います。管に水が入ってきたのを自動的に排水してくれるもの、上から波しぶきが入りにくいようになっているものなどもあります。




ウェットスーツ
体を保護・保温するためのスーツで水着の上から着用します。発泡ゴムでできており、ゴムの中に入っている気泡が保温効果を高めています。体表面とスーツの間の水が体温で温められることで保温の効果があるので体に密着していないと保温効果はありません。生地の厚さが1ミリ、3ミリ、5ミリ、7ミリとあり、厚いほど保温効果はあがり、薄いほど着脱が楽になります。





ブーツ
マリンブーツといい、ショートブーツの形をしています。ブーツを履くことで足を保護・保温します。




重器材


重器材は文字通り重量もあり、大きく持ち運びが大変な器材のため、一般的にはレンタルすることが多いダイビングの器材になります。


重器材BCBC(ビーシー)
Buoyancy Compensator(浮力調整具)の略で、BCD(ビーシーディー:Dはdeviceの意)またはBCジャケットのことをいいます。どちらも同じものを指していますがメーカーにより呼び方が違いますが、一般的にはBC(ビーシー)と呼びます。ライフジャケットのような形で、タンクとホースでつなげる給気口、BC内の空気を排出する排気口、タンクを固定するベルトがついています。水中でBC内部の空気を出し入れすることで浮力を調整するための道具です。また、水面では空気をいっぱいにして浮き袋となり、非常時には救命胴衣がわりになります。


重器材レギュレーターレギュレーター
タンクとつながっていて、水中で呼吸するための道具です。タンク内の高圧空気の圧力を呼吸に適した圧力まで下げて供給してくれます。




重器材計器計器類
計器類には、タンク内の空気の残量を示す残圧計、現在の水深を知るための水深計、水中での方向を知るための方位磁石のコンパスなどがあります。




※当サイトスキューバダイビングに必要な道具も併せてご覧ください!


スキューバダイビングとは

スキューバダイビングとはスキューバダイビングは、英語でSCUBA DIVINGと書き、DIVINGは「潜水する」という意味です。ご存知ですね!


ではSCUBAとは?


Self Contained Underwater Breathing Apparatusの頭文字を取ったもので、和訳すると「自動式水中呼吸装置」となります。


このSCUBAをカナ読みしているので、スクーバとも言われます。
(当サイトでは、以後スキューバダイビングと表現を統一してお話します。)


「呼吸をする装置をつけて潜水すること」、これがスキューバダイビングです。


また、ダイビングの中でファンダイビング(FUN DIVING)といわれることがありますが、これは
楽しむためのダイビングのことを指し、仕事や調査研究ではないという意味、レジャーのダイビングのことを意味しています。


スキューバダイビングの魅力とは

スキューバダイビングの魅力とはスキューバダイビングの魅力はいろいろありますが、他のスポーツで味わえないことをあげるとすれば、無重力のような体験ができるということです。


水中で上手に浮力を保てるようになると、水中に浮かんでいることができ、また宙返りもできてしまうのです!なんともいえない浮遊感を感じることができます。


そしてなんといっても素晴らしいのが、水中の生き物たちと出会えること!


色鮮やかなサンゴと、そこに住むサンゴ以上に色鮮やかな魚たち。
ぐるぐると竜巻のようにまわる魚の群れ。
空飛ぶ絨毯のように泳ぐ、大きなエイのマンタ。


イカの赤ちゃんが卵から出てくるのを目の前で見たり、
海面に浮かぶ海鳥を下から見るなんて貴重な経験もできますよ。


寒さに耐える自信があるなら流氷の中をダイビングして、クリオネにだって会いにいけるんです。
もちろん運もあるので、珍しいものだと会えないこともあるけれど、運だめしにもなるかも?


ダイビングをはじめると、こんなステキな体験や経験ができるのです。


スキューバダイビングは海だけのスポーツ?

スキューバダイビングの魅力とはスキューバダイビングをする場所は、当然ですが水の中ですが、水と一言で言っても、海をはじめとして、湖や沼、池、川といろいろあります。


海で行うダイビングに対し、湖や沼・池・川でのダイビングを淡水ダイビングと言います。

淡水を簡単に説明すると「真水」、しょっぱくない水のことをいいます。


スキューバダイビングのライセンス取得は、基本的には海でのダイビングになります。


どうしてライセンスの取得は、海だけでのダイビングなのか?


それは、淡水でのダイビングは、特別な知識・手順・テクニックが必要だからです。


海以外での淡水ダイビングの場合、海面とは標高差があり、場所によっては1,000メートル近い標高になります。当然空気も薄くなるので、ダイビングプランの立て方が海でのダイビングと異なります。


マラソン選手などのアスリートは、高所トレーニングといってわざと空気の薄い高地で体に負担をかけて練習したりするのをご存知ですか。

高地という場所は、それだけで体に負担がかかるのです。


その負担を計算に入れてダイビングのプランを立てる分だけ、淡水ダイビングは海でのダイビングより難しくなります。


淡水ダイビングについては、淡水専門のライセンスがあるのですが、専門的に勉強したことを証明するもので、ダイビングの最初のライセンスである「エントリー・レベルライセンス」を取得すれば淡水ダイビングをすることは可能です。


潜る前に技術、知識などについて教えてもらえるので、興味があればライセンス取得後に専門ライセンスである淡水ダイビングに挑戦されるのも良いかも知れません。


スキューバダイビングに必要な道具

スキューバダイビングに必要な道具呼吸をする装置をつけて潜水すること、これがスキューバダイビングです。


呼吸する装置として代表的なものは、「圧縮空気の入ったタンク」、そこから送られた空気で呼吸するための「レギュレーター」(左画像)、またタンクの空気の残量を見たり方角を見る「計器類」もあります。


水面での浮袋でもあり、救命胴衣である「BC」、水中に沈むために必要なおもり「ウェイト」とウェイトを腰につけるための「ウェイトベルト」も必要です。


これらがダイビングの重器材と言われています。

ダイビングの重器材
ダイビング重器材タンク
タンク
ダイビング重器材レギュレーター
レギュレーター
ダイビング重器材計器
計器
ダイビング重器材BC
BC
ダイビング重器材ウエイト
ウエイト
ダイビング重器材ウエイトベルト
ウエイトベルト


タンクとウェイトは重く持ち運びも大変なこともあり、プロダイバーでもない限り一般的にはレンタルします。


他にもスキューバダイビングをするにはもちろん、シュノーケリングやスキンダイビングでも使う、軽器材と呼ばれる道具があります。


軽器材には、体の保護と保温をする「ウェットスーツ」、水中での視界を確保するためのゴーグルのような「マスク」、水面で呼吸をするための「スノーケル」、水中で平衡を取ったり、少ない力でたくさん進む足ひれ「フィン」、足を守ったり保温する靴のような「ブーツ」など。


ここで紹介した軽器材はすべてレンタルすることができます。

ダイビングの軽器材
ダイビング軽器材ウエットスーツ
ウエットスーツ
ダイビング軽器材マスク
マスク
ダイビング軽器材計器
スノーケル
ダイビング軽器材フィン
フィン
ダイビング軽器材ブーツ
ブーツ
 


四肢や視力に不自由がある、体系が標準を大きく外れているなど特別な事情がなければ、特に道具を用意しなくてもダイビングはできます。


国内海外ダイビングツアーダイブクルーズなら

Page: 1 < 2  次の5件>>
フィード